仕事でのハピネスをデザインする CHO実践ワークショップ Purpose編 〜自分のパーパスを見つけよう〜

Description

仕事でのハピネスをデザインする CHO実践ワークショップ
Purpose編 〜自分のパーパスを見つけよう〜


【詳細】
ミッション、ビジョンに変わる新たな概念を紹介する書籍
「パーパス・マネジメントーー社員の幸せを大切にする経営」
書籍の内容に沿ったワークショップを開催いたします。

幸福度の高い社員はそうでない社員に比べ、売上は37%、生産性は31%、創造性は3倍高い、と言われています。
では、私たちは何があると仕事で「幸せ」を感じるのでしょうか?
本書では、仕事における幸せは「PARW」からできている、とご紹介しています。

P(Purpose=存在意義):自身のPurposeと会社のPurposeに重なる部分を見いだせる
A(Authenticity=自分らしさ):自分の強みを活かし、自分らしく仕事が行える
R(Relationship=関係性):一緒に働く人々とよい人間関係を築き、協力して働ける
W(Wellness=心身の健康):仕事に取り組む上で、心身が健康である

そして、これら「PARW」に着目し、社員の幸せをデザインするのが、CHO(Chief Happiness Officer)の役割となります。

今回の「Purpose workshop 〜自分のパーパスを見つけよう〜」では、「P(Purpose=存在意義)」に着目し、自身のPurposeの探求を一緒に行っていきます。
「あなたの人生の目的は何ですか?」
「その目的はあなたが大切にしているどのような価値観にリンクしていますか?」
「あなたの存在によって他人や社会はどのようなメリットがありますか?」

このワークショップに参加することで、これらの問いに対する自分なりの答えを、楽しみながら見つけることができます。



---------------------------◆◇ワークショップについて◇◆---------------------------

▼ワークショップ概要
・仕事における幸せとは?
 「パーパス・マネジメントーー社員の幸せを大切にする経営」の紹介
・ディスカバリーインタビューによる価値観の発見
・自身のPurposeを絵とコトバで表現する など


▼こんな方に来て欲しい
・社員が幸せに働くためのヒントが欲しい方
・自身の働く意義について考えてみたい方
・企業の経営者、人事・人材開発部門の方


▼このワークショップに参加して得られること
・「仕事における幸せ」を生み出すPurpose(存在意義)についての理解が深まります。
・自分が大切にしている価値観を再発見し、Purposeを表現できるようになります。
・社員が幸せに働くための取り組みへのヒントが得られます。



---------------------------◆◇ワークショップ詳細◇◆---------------------------

<開催案内>
日時:11/14(水)19:00-21:00(18:30開場)

会場:AP丸の内 Eルーム

東京都千代田区丸の内1丁目1-3
日本生命丸の内ガーデンタワー3階


交通アクセス
・JR各線「東京駅」
・丸の内線「東京駅」「大手町駅」
・千代田線「大手町駅」
・半蔵門線「大手町駅」
 から徒歩約4分
都営三田線をご利用の場合
「大手町駅」D6出口直結
 
参加費:5,000円(税込)

定員:限定20名(先着順) ※定員になり次第締め切りさせていただきます。


<お支払い方法>
Peatixにてお支払いください。


<講師紹介>


丹羽真理 (にわ・まり)
Ideal Leaders株式会社 共同創業者 / CHO (Chief Happiness Officer)
国際基督教大学卒業、University of Sussex大学院にてMSc取得後、2007年に株式会社野村総合研究所に入社。民間企業及び公共セクター向けのコンサルタントとして活動後、エグゼクティブコーチングと戦略コンサルティングを融合した新規事業IDELEA(イデリア)に参画。2015年4月、Ideal Leaders株式会社を設立し、CHO (ChiefHappiness Officer) に就任。社員のハピネス向上をミッションとするリーダー「CHO」を日本で広めることを目指している。経営者やビジネスリーダー向けのエグゼクティブコーチング、Purposeを再構築するプロジェクト等の実績多数。特定非営利活動法人ACE理事。



---------------------------◆◇書籍紹介◇◆---------------------------

タイトル『パーパス・マネジメント―社員の幸せを大切にする経営』
著者:丹羽 真理 本体価格:1,680円+税  Amazon:https://amzn.to/2PvCGt1
書籍ホームページ:http://ideal-leaders.co.jp/CHO/


<<書籍内容>>
ミッション、ビジョンはもう古い。一番大事なのはパーパス(存在意義)である。 Googleの中にもいる Chief Happiness Officerが組織運営の鍵を握る。

働き方改革が叫ばれて久しいが、いったい何が問題なのか?をそろそろ考え直す時期だろう。 そもそも企業理念として設定されている概念――ミッション、ビジョンは、米国では「古い」とされている。 それに代わる概念としてパーパス(目的)が問われている。 いま一番ホットなテーマであるパーパスを日本ではじめて紹介したい。

本書では根幹であるパーパスと「幸せ」について新しいコンセプトを提示し、CHO(Chief Happiness Officer)という会社を変革していく存在についても述べたい。

《目次》
はじめに Purposeを共有し、幸せに働く──その取り組みを主導するCHO
第1章 働き方よりも重要なこと。そのキーワードは「幸せ」
第2章 ポジティブな感情は仕事のパフォーマンスに影響する
第3章 個人にとっても組織にとっても「Purpose」が起点となる
第4章 Happiness at Workという考え方
第5章 Chief Happiness Officerの理論と実践──INTERVIEW
慶應義塾大学大学院 システム・デザイン・マネジメント(SDM)研究科 前野 隆司 教授
ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス 取締役人事総務本部長 島田 由香氏
第6章 次世代型組織の中心となるCHOの実際 おわりに 日本型CHOの確立に向けて

《帯》次世代型の組織づくりには、成員の「幸せ」と確固たる目的関数としての「パーパス」が絶対の鍵になる。− 米倉誠一郎氏(一橋大学特任教授・法政大学大学院教授)

Wed Nov 14, 2018
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
AP丸の内 Eルーム(日本生命丸の内ガーデンタワー3階)
Tickets
参加費 ¥5,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Nov 13, 2018.

Venue Address
東京都千代田区丸の内1丁目1-3 Japan
Organizer
アイディール・リーダーズ(株)
43 Followers